学校法人庄内神社学園 認定こども園 庄内幼稚園・庄内たちばな保育園
明(あか)く、浄(きよ)く、直(なお)く、正(ただ)しく
保育目標
○神をうやまい、親や自分を取り囲むまわりの人々を大切にする子ども
○基本的生活習慣、態度を身につけた子ども
○心身ともに健康的で、ねばりのある子ども
○きまりを守り、みんなと仲良くできる子ども
○よく考えて工夫し、自分から進んで行動できる子ども
○情操豊かな心を持った子ども
イメージ写真
保育理念
学校法人庄内神社学園は、学校教育法及び幼稚園教育要領、並びに児童福祉法及び保育所保育指針に基づき、庄内幼稚園・庄内たちばな保育園を設置運営する。
本学園は、保護者の多様なニーズに対応し、公共の利益を追求し、次代を担う子どもの最善の利益を追求するため、神社神道に基づいた、子どもの養育と教育を行なう。
基本方針
○子どもを「神の子」として愛しむ。
○子どもの発達を妨げない安全を保証する。
○全ての行動・環境・保育は、大人の都合でなく、子どもの将来の健全な発達を考えて行なう。
○家庭との連携を深める為に、保護者に対しては、安心感を与え、勇気付けるようにする。
○幼稚園・保育園の区別なく、両施設が一体化した保育を進める。
○神社神道の基本的な考えに基づき、日本的な伝統の良さを伝える。
○在園児の保護者だけでなく、地域に住むすべての子育てをする親に対する支援をする。
○地域に密着した施設として、地域とのつながりを大切にする。
『庄内の保育の考え方の根っこ』〜理念と教育保育課程〜
 毎年度初めに、学園職員一同この理念を共有する機会を設けています。
しかし今回、より良い保育を目指すために、学園職員が共有していた理念を整理し直し、 「庄内の保育の考え方の根っこ 〜理念と教育保育課程〜」として、園に関わる保護者・関係者・地域の方にも公開することに致しました。
 これを、学園の保育を深く理解していただくための一助としてご活用下さり、当学園と「子育ての協同」をしていただくことを祈念申し上げます。
  庄内の保育の  考え方の根っこ
子ども達の将来歩む人生を見据えて、 「早期教育」ではなく、 「後伸びする教育を追及します。
counter